俺とお前は違うと横顔が物語る

控え目に大声を出すあいつと観光地

たとえば、地球を初めて見る宇宙人に「偶然」を説明するなら、どうやって説明する?「無知」の性質とか、ううん、そもそもこの地球のことから説明するかもね。
  • HOME

気分良く吠える友達と履きつぶした靴

アンパンマンは、小さな子に人気のある番組だけど、しかしたいそう攻撃的に思う。
話のラストは、アンパンチとばいきんまんをぶん殴って解決する時がすごく多いと感じる。
幼児にもものすごく悪い影響だと思う。
ばいきんまんとかびるんるん達が、そんなに悪いことをしていない内容の時でもぶん殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を見つけたら、やめろといいながらもう殴りかかっている。
わけを聞かない。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぼこぼこにして話を終わらせるからいつになっても変わらず、いつまでたっても変わらない。
たぶん原作は違うのだろうけど、テレビ向きにする必要があってそんなふうになっているのだろう。

ひんやりした木曜の深夜は熱燗を
エクセルシオールでもその他カフェでもどこででも美味しいコーヒーを飲める。
他にも、家でインスタントでも飲めるし、自動販売機で買う

私が大好きなのがスタバだ。
全てノースモーキングと言うのが、煙草の煙が嫌いな私にはありがたい。
よって、コーヒーの匂いをより堪能できる。
金額も張るけど、質のいい豆が使用されているのでコーヒー通には最高だ。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーとともに、つられてケーキも頼んでしまうという落とし穴もある。

風の強い水曜の昼は目を閉じて

健診は、いつもどこか引っかかる。
心臓だったり、血液検査だったり、尿だったり。
胃のレントゲンを発泡剤とバリウムを飲み干して受けてみて、検査結果がくると、がんの疑惑があり、急いで、診断を指定の病院にて受けてください。
と記されてあったのには、あせった。
あせったというよりおっかなかった。
すぐに指定病院に再検査に原付で行ったら、ただの胃炎だった。
胃はすでにきりきりとしていたので、健康診断に引っ掛かったのはわかるが、文面で名前と胃がんの疑わしさがあると記されてあったら不安だった。

雨が上がった日曜の晩はこっそりと
さやかちゃんは見た感じだけではおだやかそうに見えるけれど、活発な女性。
愛しの旦那様と、1歳のけんちゃんと、3人でドーナッツ屋さんの隣のマンションに住んでいる。
正社員の仕事も子育ても男の子行い、かなり忙しいけれど、時間の使い方は上手い。
少しでも時間があれば、どこか行かない?と絶対連絡をくれる。
私は結構頻繁に桃ゼリーを作って、彼女の家に向かう。

蒸し暑い週末の午前は料理を

甘いお菓子がとても好みで、バウンドケーキやだんごなどをつくるけれど、子供が1歳になって作る甘い物が限られた。
私たち夫婦がたいそう喜んで口にしていたら、娘がいっしょに欲しがることは当たり前だから娘も食べてもいいお菓子を自分でつくる。
私は、チョコ系がとっても好きだけれども、しかし、子供には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやバナナをいれたバウンドケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖を控えめに入れる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

控え目に跳ねる兄さんと暑い日差し
友人が近頃釣りに出向いたらしいが、あまりかからなかったらしい。
アジゴが大量で、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
だけれども、しかし外道だがイノコの40cmオーバーがあげれたらしいから、うらやましい。
どんだけ前かわけてもらってさばいて食したが非常にうまかった。
そんなのがいいのがいると話を聞いたらすぐにでも行きたいが、まだ我慢して今度だ。

どしゃ降りの週末の深夜に昔を思い出す

2年前から、南九州に住むようになって台風をめっちゃ気にかけることになった。
風の強さが全く違うからだ。
九州北部に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の被害が全然違う。
サッカーのゴールポストが走っていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、本当だった。
大型台風が直撃した後は、ヤシや高い樹は道に倒れ、海の横の道路はゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの民家では、車のフロントガラスが割れたり、民家のガラスが割れ、天井が飛んだりと冗談と考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすっただけでも風はたいそう強く、古い民家に住んでいると家の揺れる音が大変心配してしまう。

暑い木曜の早朝に目を閉じて
絵画や写真など美術が好きだし、デッサンも得意だと思うけれど、撮影がとても苦手だ。
とは言っても、前は一丁前に、ソニーの一眼を宝物にしていた時期もあって、絶対に持ち歩いたりした。
驚くほどレンズが合わないし、ユニークな配置なので、カメラが可哀想だった。
それでも、レンズや現像はやっぱり凄くかっこいいと思っている!

よく晴れた平日の晩は立ちっぱなしで

私は仕事の関係で、日光市へ行くことが凄く多かった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光は栃木県にあり、内陸の県で、高い峰に囲まれている。
そのことから、冬になると雪が積もり、除雪車やチェーンが必須だ。
秋のシーズンには、東北自動車道で2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日というパーターンが多くて、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は旅をしてほしい所だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、ツアーのメインはやはり日光東照宮。
江戸を治めた家康の墓があるところで、独特な様子に驚くだろう。
そして、いろは坂を上るとたどり着ける奥日光湯元温泉。
硫黄泉で、濁っていて、熱い温泉。
この温泉につかると、冷えにも良いと思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元温泉を目標にかなりの人数の湯治客が集まったらしい。
様子は想像できる歴史深い日光市。
東照宮の紹介も兼ね,ハイウェイウォーカーなどにたくさん記載されているここに、また行ってみたいと思う。

気持ち良さそうに体操する弟とファミレス
よく遊ぶ知佳子は賢いやつ。
頭が良いんだなーと思う。
とりあえず他者を傷つけたりはしない。
ん?と思っても、とりあえず相手の気持ちを酌む。
このことから、どんどん考えが膨らむし、強くなれるのだ。
意見を貫く事より、こうしている方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、その経験を自分のものにするやり方をとても分かっている。

Copyright (C) 2015 俺とお前は違うと横顔が物語る All Rights Reserved.

Page Top