俺とお前は違うと横顔が物語る

ゆったりとダンスする母さんとアスファルトの匂い

「カレ」が好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。なんとも思ってない人も。あなたが思う「充実感」って、どうだろう?
  • HOME

風の無い金曜の午後は外へ

お盆やすみだとしても生まれた家から別れて定住しているとたまにしか気づくことがないが、せめて、お供え物くらいはと思い本家へ配送した。
故郷に住んでいたら、線香を持ち祖先の受け入れに向かって、盆の終わりに送り届けにおもむくのだが、別れて生きているので、そうやることもない。
ご近所の人たちは、香を持って墓に行っている。
かような姿が見える。
ふだんより墓所のあたりには数多くの車が路駐されていて、お参りの人もすごくたくさん視野にはいってくる。

ゆったりと熱弁する友人と冷たい雨
子供のころよりNHK教育テレビを見ることが非常に多くなった。
昔は、親やひいばあちゃんが視聴していたら、民放の番組が視聴したいのに思っていたが、近頃は、NHKを好んで見る。
若者向きのものが非常に少ないと考えていたのだけども、最近は、年配向け以外の番組も以外と多いと思う。
それから、バラエティ以外の番組も好んで見るようになった。
そして、暴力的でない内容のものや娘に悪影響がものすごく少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですらとっても攻撃的だと思える。
いつも殴って解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

雨が降る水曜の昼はひっそりと

此の程、長編小説を読みあさるのは少なくなったが、3年ほど前に水滸伝の北方バージョンに熱中していた。
昔の水滸伝を訳したものを読んだ時は、かったるくて、心を奪われなかったが、北方さんの水滸伝を読みふけったときは、没頭し、読むのが止まらなかった。
労働の休憩中や仕事が終わってからの夕食中、湯船の中でも読み進めて、1日一冊ずつ読んでいた。
作中人物が血が通っていて、雄々しい作中人物がとっても多数で、そんなところにわれを忘れるほどはまっていた。

雨が降る月曜の昼に座ったままで
喫煙は脳に悪い。
と言ったことは、指摘されても吸ってしまうものらしい。
正社員として働いていた時代、仕事の関係で会ったIT企業の専務の年配の方。
「私が丈夫なのは煙とワインのおかげです!」とはっきり言い切っていた。
こんなに堂々と聞かされると無理な禁煙はしなくてもいいのかも・・・と感じる。

雹が降った週末の深夜に外へ

夏期なのでイベントがめっちゃたくさんで、このところ、夜半にも人の通行、車の通りがたいそう増えた。
田舎の奥まった場所なので、日ごろは、夜間、人通りも車の通りもまったくないが、花火やとうろうなどが行われており、人通りや車の行き来がたいそう多い。
日常ののんびりとした夜が邪魔されてちょっとうるさいことが残念だが、常日頃、元気が僅少な地方が元気がでているようにうつるのもまあいいのではないか。
近隣は、街灯も存在しなくて、小暗いのだが、人の通行、車の通行があって、にぎやかさがあると明るく感じる。

熱中して叫ぶ姉ちゃんと観光地
社員で働いていた時の先輩は、社長の娘で、どう考えてもお嬢様だった。
小柄で素直でとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、頑張って活躍をしている様子。
革を使用しない、ヴィーガン、動物実験反対。
一度ご実家に遊びに行ったことがあった。
一等地にある高層マンションで、六本木ヒルズが見えていた。
先輩は、手入れの行き届いた清潔なシャム猫と仲良しだった。

前のめりで体操する彼女と冷たい雨

随分久しぶりの外での仕事の当日、初めて業務で組んだAさんという年配の方は、大きな男性だ。
入社時に挨拶した際から厳粛で、個人的な会話は少ししか聞いたことがなかった。
その際、何気なくAさんの袖をまくった手首をみて衝撃を受けた!
大きめのパワーストーンブレスレットいくつも目に入ったため。
気付いたら、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったくらい。
そしたらAさんは得意げで、しかも可愛い顔で、ひとつひとつのストーンの由来語ってくれた。

陽気にお喋りする弟と私
かなりの確率でEくんからのE−MAILの内容は、一体何が言いたいのかほとんど理解できない。
お酒が入ってても飲んでなくてもほとんど理解できない。
だけど、E君が仕事の一環で作成したという、商品とおすすめについての文章を読んだ。
まともな日本語をかけるんだ!と思い、驚いた。

よく晴れた仏滅の晩は食事を

私は前から、肌がそれほど強くなく、ちょっとしたことでかぶれる。
その上、ボディーシャンプーの体に残る感覚が好きじゃない。
しかしながら、冬は思いっきりぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていないスキンローションを愛用する。
この商品の残念な点は、価格設定がものすごく高いので、なかなか買えないところだ。

じめじめした大安の早朝はひっそりと
仲のいい子とお昼時に遊びに行こうと約束をしていた。
天神の駅の恒例の大きめの広場。
早めについて待っていると、少しばかり遅刻すると連絡が入った。
巨大なテレビの前はみんなの集合場所なので、人々は次第にどこかへいってしまう。
ipodでミュージックを聴きつつ、その様子をぼーっと見ていた。
それでもくたびれてたまに行くカフェに入って、ジンジャーエールを飲んでいた。
しばらくして、友人が遅くなってごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタがいいかもと言った。
色々まわってみたけれど、いい店を探しきれなかった。

Copyright (C) 2015 俺とお前は違うと横顔が物語る All Rights Reserved.

Page Top